コタとリノ、2人の日記。 居心地のいいばしょ・もの・じかん。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 家族WEEK | main | 夜桜花見 >>
Design of Doujunkai
20070326_301092.jpg
欲しかった本がやっと届きましたー!!!

『 Design of Doujunkai 』

今は失き、かの有名な建築、同潤会アパートメントの写真集です。
デザインもとてもセンスよく作られた写真集で、
東京にいる時から、同潤会アパートの大ファンだったリノにとって
宝物のような1冊です。

何かと面倒見てくれる、北条の家具工房兼カフェのオーナー、
Mさんに教えてもらった1冊です。
ちなみにMさんの工房は同潤会アパートをモチーフにしているらしい。
工房は白塗りなので同潤会とは雰囲気が違うので
全く気付かなかったけれど、
よく見るとディティールが同潤会アパートだ!
手すりとか、建物のハコとか。

Mさんは同潤会が好きらしく
「カッコええ」
と連発してたけれど、全く同感。カッコいいのだよなぁ、最高に。
同潤会フリークがここにもいました。うれしかったな。

表参道の同潤会アパートは数年前に壊されてしまいましたね。
最後の同潤会がなくなると聞いて、
リノは写真を撮りに行った憶えがあります。

青山でお買い物をする時にはいつも心安らぐ場所だった
表参道の同潤会。
歴史ある建物ゆえ老朽化し、建築法に触れるとか、
そういう理由だったはずだけれど、
移築してでも、ああいう建築は遺すべきだと思った人は
少なくないはず。
どうして、時代を感じる建物が、日本はどんどん壊されていくのかな。

同潤会アパート跡地には、いまをときめく建築家 安藤忠雄 設計の
表参道ヒルズが建って、それはそれで素敵だと思う。
でも、あの歴史と時間が堆積して作られた遊び場のような、
あの空気感はもう二度と戻らない。

大好きだったな。
同潤会アパート。
Posted by : リノ | - | 17:15 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:15 | - | -
コメント









TOP