コタとリノ、2人の日記。 居心地のいいばしょ・もの・じかん。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
すてきなであい。
20060904_219653.jpg
今日はコタの仕事の関係で、素敵なご夫妻とお子さんたちに会いました。
ご主人とはコタリノの結婚式の時にお会いしていたのだけれども、
奥様とはお会いしたことがなく、非常に非常に楽しみにしておりました。
なぜかというと、メール交換はしていたし、ブログを拝見させて頂いてたので
すごく親しみがあるのに、ご本人を存じ上げないと言う、
不思議な環境にいたもので。

で、とっても素敵でナチュラルな奥様☆
歳もあまり変らず、立場も同じで、
なんだかいいお友達を見つけてしまったかも、わたし。

こう言ってしまうと、語弊があるのだけれど、
東京の友達と同じ匂いを感じました。
センスとか、アンテナの立て方とか。
いろいろ教えていただけそうで、愛媛お友達ライフが楽しくなりそうです!


写真: ご夫妻から頂いた野田琺瑯の容器。
    奥様のセレクトとのことなんだけれど、
    なんと!リノは野田琺瑯が好きで持っていたのでビックリ。
    右の3点セットが頂いたもの、左の、蓋もホウロウの容器が、 
    先日、南青山のI STILERSで自分で買ったもの。
    野田琺瑯を知ってる人が、愛媛でこんなに身近にいたとは。。。
Posted by : リノ | つれづれ | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0)
HAPPY WEDDING ☆
20060707_197720.jpg
今日はリノがJTBで営業戦士(笑)だった頃、
入社1年目のひよっこ営業マンリノを厳しくあたたかく育ててくれた
指導社員Oさんの結婚式でした。
コタ共々夫婦でご招待頂き、東京での挙式に駆けつけました。

これがね、最高の結婚式でした!!!
目黒のエルガーハウスでのハウスウエディングだったんだけど
もうコタと二人で「招待してもらえてよかった〜」て何度も言い合いました。
内容も雰囲気も全てが、きもちがあったかくなるような。

奥様のSちゃんもJTBの同じ支店にいた方なので
リノはお2人がただの同僚だった当時から知ってるのだけど、
もう「夫婦」、という空気感になっていました。
不思議だなぁと思いながら、なんてお似合いの2人なのかしらと
ほっこりほっこりしながら、ムシャムシャ美味しいごちそうをほおばったりしてね(笑)。
Oさんはカッコいいしさ、Sちゃんはいつも以上にきれいだしさ(><)。
もう、幸せいっぱい貰いました。
こころからおめでとうございます、と思いました。

帰り道コタリノまで幸せ度がいつにも増してターボがかかっておりました。
幸せそうな人を取り巻くオーラはやっぱりいいなぁ。

OさんとSちゃんと、その両家のご家族に、なんでか
「ありがとう」
と言いたくなるような結婚式。そんな結婚式を創ったお二人は
きっときっとあったかい家庭を築くんだろうな。
本当にありがとう、お幸せに!!!


写真: コタ撮影の1枚。
    リノがねだって買ってもらったLOMOのFISH EYEという
    魚眼レンズのカメラで全部撮影しました。
    友人Kさんに「魚眼で結婚式撮るなんてすごいセンスの2人だねぇ」
    と呆れられましたが(笑)。
Posted by : リノ | つれづれ | 22:11 | comments(2) | trackbacks(1)
東京一人旅(お買い物編)。
20060623_193180.jpg
お買い物は効率よく!
と言うわけで、
原宿の X-GIRL で上品なブルーデニムを購入。
リノは小さいのでなかなか合うパンツが見つかりにくいのだけど
ここのはぴったりなので行きつけ。
最近はカジュアルなデニムより、濃いブルー単色デニムがお気に入り。

そこから新宿へ移動。
A.P.C でカッコいいジャケットを発見。
でも残念ながらSサイズまでの展開しかなかった。
A.P.Cの場合、リノだとXSのサイズがジャスト。
7月末には秋冬物のジャケットが入るとスタッフに教えてもらう。
秋冬物のジャケットのサイズ展開は結構あるらしい、楽しみ☆

そこから JOURNAL STANDARD でリネン100%のハーフコート。
これまた着心地最高で悩む。

大好きな PAUL&JOE でいつも通りコスメ買おうと思ったけれど
近々キャンペーンがあるのでそこまで待つことに。

その後は SHIPS でパーティドレスと
ずっと使えそうなデザインの白麻の定番ジャケットが気になり。
ジャケットは購入決定。でも荷物になるので、帰りがけに買おうと思ってたら、、、
今回買い忘れました(TT)。

BARNEYS NEWYORK でいろいろ見た後は、
バーニーズオリジナルのネイビーのウェッジソールサンダルを予約。
履き心地もよく、デザインもかわいいし、何より色がきれいで一目惚れ。
サイズがなかったので取り寄せてもらうことに。

伊勢丹でzucca、ギャルソン、JILL STUART、PUCCIを回り丸井の靴売り場見て
FREE'S SHOP でFREE'Sオリジナルのカットソー、
これまた着心地のいい素材ものを購入。

BEAMS でウエスタンブーツのショートがセールで、悩んだ末、購入。
春、秋に大活躍しそうな涼しげなウエスタンで素材もよく、
何よりカラーが絶妙。グレーというか、チャコールというか、ステキです。

代官山か原宿の HEAVENS27 まで行こうかと思ったけど、
時間もないし、BEAMSでも結構揃えられてるのでついでに
MILK FED. のTシャツとキャップを買いました。
最近自転車でよく出かけるので帽子が必需品。

そんなこんなのお買い物でした。

写真: BEAMSで買ったショートのウエスタンブーツ☆
Posted by : リノ | つれづれ | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0)
東京一人旅(里帰り)。
20060623_193179.jpg
1人で東京に1泊旅行に行きました。
目的は東京の友達と会うのと、お買い物。

腐れ縁Mと新宿で待ち合わせて表参道裏のカオバンブーでゴハン。
大学時代からよくきたタイ料理店。

Mはさばさばしたいいオンナです(笑)。
細かいことは気にしない、女同士にありがちなネガティブなつるみ方や
うわさ話はしない、一緒にいて本当に気が合うなぁと思う友達。

以前もこのブログで書いたけど、本当に相手を思ってくれる友達と言うのは
必要以上の干渉はしないけど、いざという時に絶対に味方で助けてくれる。
Mとはお互いにそんな関係で。
メールや電話も女同士とは思えないほど男らしく、
「明日の待ち合わせ何時?」「5時新宿BARNEYS」
以上でやりとり終了、みたいな(笑)。

Mはこの9月に結婚予定で、そのカップルのキューピッド役はリノでした。
そういう意味でも感慨ひとしおのカップルで、幸せそうなMを見てリノも幸せ実感。
いいオーラを放ってる人といるのは心地いいもの。
幸せだと言うことを謙遜も照れもせず、ストレートに
結婚相手を好きだと言い、私は幸せだと言うMは
見ていて心地いい。
好きなものを堂々好きだという人が好き。

Mと9時頃原宿で別れた後、恵比寿でコタの双子の弟しんちゃんと待ち合わせ。
フォンダンショコラが絶品の 恵比寿BAR 
で久々(とはいえ最近よく会ってるか・・・)いろいろ話して解散。
なんだかいつも通り一緒に高円寺に帰りそうでした(笑)。
でも今回はリノのお宿は品川プリンスなので、山手線のそれぞれ逆方向に乗りました。

品プリの部屋に帰ったら0時を回ってて、コタからメールがきてたので電話したら
コタが電話の向こうで眠くてぽけぽけした声で
「おかえりなしゃーい」と言ってて笑えました。
Posted by : リノ | つれづれ | 20:29 | comments(0) | trackbacks(1)
コタ両親と内子町。
20060623_193178.jpg
今日はコタ母のお誘いで石鎚山に山登り、の予定だったのが
生憎の雨で急遽内子という町へ観光に。

コタ父の運転する車に揺られ、後部座席のコタ母とリノは喋り続け(笑)。
内子という町は古い建物が多く、内子座という建物を見学した後、
和蝋燭の町だったということで和蝋燭も購入。
和蝋燭がリノは大好きで、飛騨の方の和蝋燭も持ってる。
古い技術や製法、建築物や着物がなぜか好きでたまらない。
わいわいはしゃぐリノをコタ両親が呆れつつ見守ってくれてました(笑)。

お昼ゴハン、注文したものがリノだけ一向に来なくて
「来ない来ない」 と騒いでたのだけれど、
その後、内子でデザートを頼んだ時には、すぐにリノの注文したものが来たら
お父さんが「ハイ、りのちゃんよかったね〜」と子供に言うように言われ。
なんだか最近危なっかしい子供を見るようにコタ両親がリノを見てる気がする、と
コタに言ったら、「そりゃそうやろ。リノはそういう役回りなんよ。」と身も蓋もないことを。

ま、とにかく仲良くやっております。
帰り道では後部座席でコタ母とリノはお昼寝してしまったしね。

夜は4人でたらふくしゃぶしゃぶ食べて満足満足♪
Posted by : リノ | つれづれ | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0)
スイカ初め。
20060610_188765.jpg
今年初のスイカを食しました。
コタ母から頂いた熊本産のスイカ。
甘かった、うまかった、です。
ふと2人で話したんだけれども、昔スイカてもっと種がタネタネしてたよね、と。
一口かぶりついたら必ず種があったものなのに、最近のは随分種がない。
品種改良と言うやつなのかしら?

とにかく、美味しかった夏のお便り。


写真: 食べ終わったスイカ君。笑ってます。
    リノはよく食べ終わったお皿にサラダの破片とかで顔を作って
    コタに呆れられている気がします。
    これもまた然り。でも、この時はコタもスイカでヘンな顔作ってました。
Posted by : リノ | つれづれ | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0)
Salon de LI'ON
20060311_151651.jpg
今日は麻布十番にある完全予約制のエステ。
雑誌、TV等メディアでは有名なサロンです。

今までも何回かエステは行っているのだけど、
この 『Salon de LI'ON』 、目からウロコでした。

2人のスタッフのみでやってるのですごくこじんまりしたサロン。
このサロンはある男性の方から教えてもらったので(笑)、
コタと興味津々で、まずリノが偵察として行ったわけです。

ボディメイキングプロデューサーの飯塚さん自ら施術してくれます。
日本各地から、このサロンへ通う人も少なくないとかで、
その理由もよくわかりました。

リノはそうとう体中がむくんでいるらしく、問題児だと言われつつ、
骨格修正・骨盤修正・オイルマッサージ・リンパマッサージやら約130分のコース。

びっくりしたのは、その効果がすぐ出ていたこと。
体中がよく動くし、軽いし、自分では気付かなかったけど実はやや左右ずれている、と言われた鎖骨のラインも施術前より整って、
履いてきたかなり細身のジーンズがするり。
顔もちっちゃくなったのがほんとにわかった。

これは、、、やみつきになりそう。
自分の体を知る、ということを大前提で説明してくれる飯塚さんの考え方も
すごく共感できました。

顧客に男性も多いとの事で、コタも来月行く予定(笑)
中から自分をきれいにする、それって大事なことだね。

でも、エステに行くとき思うのだけど、
メイクしてもどうせ落とすからすっぴんで出かけたいですよね。
でも、サロンが銀座や麻布にあったりするからみんなメイクしてきてて。
そういう女の子らしさのない私は。。。てちょと毎回反省するんでした。
でも、しないのね、やっぱ(笑)。
Posted by : リノ | つれづれ | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0)
プロレス運輸。
20060309_150421.jpg
今回の引越しは、コタからの強いオススメにより、プロレス運輸
知らない人は多いみたいなんだけど、リノは知ってましたコレ。
で、興味ありありだったので、コタの提案にふたつ返事で乗りました。

試合のない時の無名レスラーを使って、引越し運びだしとかするようなんだけど、
すごいところに目をつけたビジネスを展開するもんだと感心してました。
TVCMも相当インパクトあったし。

ただ、、、それにしたって、まだ何も引越しの準備ができてない。
しかも今回の引越しは、2ヶ所に荷物を分散させるという、
なかなかにレベルの高い(笑)引越し。

1ヶ所は、愛媛のコタとの新居行き。
もう1ヶ所は、神奈川県にあるリノの両親の別荘行き。

リノの部屋に今あるAQUOSとかも別荘に吸収され、
両親の寝室のTVになるらしい(TT)
今TV台代りに使ってる、リノが結構お気に入りの木のベンチも
リノママが気に入ったらしく、別荘への吸収が勝手に決定されてました。

それにしてもほんと、2ヶ所分の引越しって・・・
どっから手を付ければいいの??????

写真: プロレス運輸のオリジナル段ボール。いいねぇ。
Posted by : リノ | つれづれ | 09:43 | comments(0) | trackbacks(1)
仕事の記憶。
今日は、リノがJTBで営業職をしてたときの
同じチームだったひとつ上の先輩Tさんと新橋でゴハン、の予定が急遽キャンセル(><)。 でも、打ち合わせが入ったみたいで、仕方ない。

Tさんは今は某大手出版社に転職した。
当時同じチームの同僚はどんどん転職をしてバリバリやってる。

でも、皆が皆、口を揃えて言うのは、
「あの超過酷な職場で揉まれたからこそ、今の自分がある」 ということ。

リノのいた支店はJTBの中でも、最多の営業マンを抱える
海外旅行を主軸にした営業部隊専門の支店で。
その忙しさはJTB営業マンの内では誰もが配属されるのを一番恐れる支店。

どんな仕事もそうだとは思うけど、とりわけ旅行業は
取り返しがつかない事態になることが多いだけにミスが許されない。
そして緊急の出来事の連続という連続。
瞬間的にプライオリティを付けて仕事していかないと
あとで自分の首をしめることになる。

当時のリノはもう、忙殺されていてほんとダメダメだったと今思う。
時間の遣い方もホント下手で、空回ってた(><)

21:00過ぎくらいまでは、営業の外回りや打ち合わせがあったから
自分のデスクワークに取り掛かれるのはそれ以降。
ほとんど毎日夜0:15発の終電に間に合うように走って駅に向かい、
家に着くのは毎日深夜1:00過ぎ。

仕事は次から次で終わりはないし、自分でキリをつけないと帰れない。
営業としてお客さん一人一人にしっかり向き合いたいきもちと、
時間のなさの間で葛藤して、自分の休日を潰してお客さんと会った事もあり。

結局削れるのは、自分のプライベートと睡眠と食事の時間だったから。
結果、自分は打たれ強いと自負してたのに、
当時一番身近な人に当たってしまったり、全部のしわ寄せがいったり、
切ない思いにさせて、体も壊して、
すごい悪循環の中で、どんどん色んなことが崩れそうでした。

仕事が生活の多くを占めすぎて、プライベートがないがしろなんて
人生の本末転倒もいいとこ。

ただ、本当に今思えば新卒採用ですぐそこで営業職として働いたからこそ、
その後どんな職場に行っても、たいしたことでは動じなくなった。
ふてぶてしくなった(笑)。 その後いくつかの企業で営業職や事務職をして
そのことを痛感する。成長させてもらった。
でも、教育してくれたOさんとか、周りの皆にはいっぱい迷惑かけました〜。

ホント、ダメダメダメダメだったなー。。。改めて、反省(TT)
今もまだまだですが。。。
Posted by : リノ | つれづれ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
カッコ悪いということ。
20060225_145028.jpg
サークル時代の友人Sと「カッコ悪い」ということについて話してました(笑)。

Sとリノの共通の友人で、カッコ悪いことができない人がいます。
カッコつけてしまう、というか。
絶対にカッコ悪いとこを同性にも異性にも見せない。
でも、傍から見てみればそれは時に窮屈に思えたりすることもあり。

Sは「カッコ悪い」を武器にできる程の誠実な天真爛漫さを持ったひと。
一生懸命や誠実さから出るカッコ悪さはいいんじゃないかと。

コタもリノもまた、「カッコ悪い」ことをよくするひとだから(笑)、
お互い一番心を開いてる相手としてはすごくリラックスできます。

Sと、その話してた時に思い出したのだけど、
昔、コタが仕事終わった後に愛媛から京都まで車で来てくれたことがありました。
リノが不用意に「男の人の運転してるのっていいよね」と言ったばかりに(笑)。

何時間もかけて23時頃到着したコタの車(今のチェロキーでなく。)に乗り込むと・・・カーナビが付いてました。コタの車には付いてないはずなのに。
でも、そのカーナビはガムテープでぐるぐる巻きに固定されていて。
旅行中、何度も落ちつつ、また固定して、挙句、道に迷い(笑)。。。

ひとから借りたということで、がんばってガムテープで固定したんだなぁと思うと
何だか、とてもきもちがあったかくなりました。
カッコ悪くて、すてきだ、と(笑)。

男の人が泣いてしまうことも甘えてくることも、
他人から見たらカッコ悪くても、きもちがあったかくなる出来事だったりもする。
きもちを許してる唯一の相手だからということがわかるから。

一生懸命に裏打ちされた「カッコ悪い」、はカッコいいんです、た・・・ぶん。
Sとその結論に達して、カッコ悪いの達人Sとリノは自己満足に浸ったのでした☆

写真:カッコ悪くてステキな一例。 コタが突然リノに送ってきた手紙。
   でも、びっしり書かれた手紙は¥30の料金不足で、リノが払うことに。。。
Posted by : リノ | つれづれ | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
TOP