コタとリノ、2人の日記。 居心地のいいばしょ・もの・じかん。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
赤ちゃんが来た!
200709061750000.jpg
ずいぶん長いこと更新してませんでした。
旅行記を書こうと思ってたのに、
もう夏が終わりましたね(笑)。

ハイ、実はベビーができました♪

スペイン産と色んな人からツッコミを受けます(笑)。
母からは生まれる前から帰国子女、と言われました。。。
妊娠しているとは気付かなかったので、
約2週間の超ハードな旅行、何時間も炎天下歩いて、
長距離バス、電車、飛行機、約20キロのスーツケースを運び、
スペイン全土とパリを巡って、常に寝不足、、、
という、過酷な状況下で、よく元気に育っていてくれたものです。

そんなこんなで、この夏はつわりが大直撃し
猛暑とあいまって大変でした。。。

最近は大分おさまり、おなかもだいぶ出てきて、
コタと共に親になる実感がふつふつと。

つわりは約2ヶ月間ひどかったので、
自分でも情けないほど、体が思うように動かず。
コタが家事を全部やってくれたので
本当にただ、寝て生きているだけの日々(笑)。

台所仕事もお洗濯もお掃除もアイロンがけもゴミ出しも、
お買い物もぜーんぶコタがやってくれ、
産婦人科への送り迎えも、
「アレが今すぐ食べたい」
というつわり特有の突発的な要望にもササッと軽いフットワークで
買ってきてくれ、
マタニティ雑誌で読んで、「妊婦は足がむくみやすい」
ということを知ったらしく、毎晩足のマッサージ。。。
いまだにマッサージは毎晩してくれます。

しかも夜遅くに仕事から帰宅してから家事をやってくれました。
本当に嫌な顔ひとつせず。
実家の遠い私は、どんなに助かったことか。

最近はお腹に向かって自分のことを「パパだよ〜」
と言って嬉しそう。

かかりつけの産院では、
検診のたびにエコーの映像をVHSにしたものを毎回くれます。
コタはその映像でベビーがくるくる動いてたり、
手足をバタバタさせているのを見ては
「動いてる〜。かわいい。。。巻き戻し!」
と、同じ映像を巻き戻しては見ています(笑)。

一緒に検診に行った日には
その場でエコーを見ながら「ライブ映像だー」。。。

特に、早く赤ちゃんを、とは思ってなかったので
本当に授かりものの赤ちゃんです。
これがきっと最良のタイミングだと思って私たちのところに来た気がします。

不思議なのは数ヵ月後にはもう1人の人間が、ここにいるであろう事実です。
コタとリノの血を引く人間が、存在するんだなぁと言う不思議な感覚。
後数ヶ月、2人きりを楽しみながら、パパとママになっていく気持ちの動きを
楽しみたいねぇと、そんなプレパパ、コタとプレママ、リノです。

写真: 仲良しの奥様Aさんが、つわりのお見舞いに下さった素敵なグリーン。
   癒されますなぁ。
Posted by : リノ | - | 17:47 | comments(18) | -
いろいろあった。
20070611_326950.jpg
4月末から引越しやら何やらで忙しく、大分間が空いてしまった。
ハヤ夫婦が泊まりに来たり、静岡に帰省したり、
コタの双子の弟しんちゃんが帰省してきたり、
大阪にデザイン展に行ったり、
コタリノで2週間旅行行ってたり、色々してました。

今度のお家は古いけれどとても広い。
LDKが20畳あって、その続きの間として
6畳の和室があって、
10畳の寝室と、7畳の納戸がある。

引越しはコタの会社の人がたくさん手伝ってくれた。

それから、5月末から、「新婚旅行」に行っていた。
結婚して1年以上経つので、新婚と言っていいかわからないけど
コタの仕事が忙しく、まとまったお休みが取れたのが
やっとこの日になったので。

2週間弱、スペインを中心にまわってきた。
バルセロナ、モンセラート、飛行機でセビリアに飛んで、
コルドバからグラナダ、ミハスから、地中海の町マルベーリャ、
ロンダに立ち寄って、もう一度セビリアに戻り、
そこから新幹線AVEでマドリッドへ。

やはりスケールが違う。文化のあり方が違う。
街並みや、ひとや、乗り物の乗り方も違う。
何もかもが刺激的で、神経が研ぎ澄まされる。

バスひとつにしても、乗ったはいいけど、日本みたいにアナウンス
なんてないし、景色を見てもわかんないから、
ドライバーに「教えてくれ」と頼む。
ホテルに帰る道を、地図を見ながら迷ったりする。
セビリアなどは、迷路のような町なので、本当に迷う。
でも、何時間か迷って歩いていると何となく街の全体図が
体感できてきて、方向感覚が定まる。

スペインからは、パリに飛んだ。
パリは移動はもっぱら地下鉄。
とても便利に出来ているし、わかりやすいのでよい。
ただ、街自体は、区画がばらばら出来ている感じで
迷うとわからなくなる。

コタリノは、メインの駅以外は自分の足で歩くのが好きなので
とにかく歩く。

夜はルーブル美術館の入館料が安くなると知って、
夜にルーブルに歩いて行く。
ルーブルの中でも迷った。1回、コタとはぐれた。
閉館時間までいた。

ちょうど土日にパリにいたので、
土日は蚤の市が開かれると知り、
パリの郊外のクリニャンクールへ。
あまり治安はいいとはいえないようだけれど
アンティークレースをメインのお店の素敵な老婦人から、
アンティークの小さな小さなフォトフレームを買った。
6ユーロ。
英語は全く通じない。なので、筆談で交渉。

そんなこんなで楽しい新婚旅行でした。
記憶の記録をしたいので、近いうちに日々の出来事を
追いたいと思います。


写真: 引っ越したおうち。旅行の写真はまだ現像していない。
Posted by : リノ | - | 20:02 | comments(2) | -
六大学野球
20070428_312120.jpg
春の六大学野球、が始まりましたね。

コタとリノは東京の同じ大学の同級生なのだけれど、
いちおう、東京六大学(東大・慶応・早稲田・立教・明治・法政)
と言われる大学のひとつ、某大学の卒業生なのです。
バンカラな校風の、男気あふれる独特の大学(笑)。
なので、東京六大学野球開幕、というニュースだけは
何となく耳に入ってはくるものの、正直
実際に試合結果を気にしたことはナイ。

はっきりいって、六大学と言うのがどういう基準で作られたかさえ
全然知らないんだけれども(笑)。
でも、この六大学野球が始まると、現役もOBもOGも
なんだか血が騒いで仕方がないらしい。

大学在籍中も、OGになってからも、
六大学野球観戦に同級生や後輩から誘われる。
さすがに、愛媛に嫁に来てからはお誘いはないけれども。
東京六大学野球の聖地は神宮球場だものね。

ロケーションがとってもいいから
個人的に神宮球場は好きですが。

なんでも、今年はハンカチ王子が出場だから、
話題に事欠かないんだろうな。

血が騒ぐ連中は、G.Wも出かけるみたいです。
そういう、愛校心のあるOB・OGになりたいものです。
どうも、コタリノふたりとも、愛校心が薄いらしい。
コタリノのG.Wは、引越しで大忙しになりそうです。


写真: 全く関係ないですが、最近夫婦でハマってる、任天堂Wii。
    親が厳しかったので、ファミコン全盛期にゲーム関係一切接触しない
    レアな幼少時代を過ごしたリノは、
ゲームに興味があまりなかったのだけれど、
    これは、面白いです。
    画期的。ゲームで筋肉痛になりました。
    (Wii SPORTSのテニスでサーブを思い切りしてばかりいたから) 
Posted by : リノ | - | 16:37 | comments(0) | -
東京タワー
20070427_311939.jpg
リリー・フランキー原作の映画、
『東京タワー』
観てきました。

レイトショーで行ったのだけれど、
正解。なぜなら、泣いてしまうからです。
コタもぐすぐす泣いてました。
何が、泣けるというんではなく、どうしたって、
こころの中に誰もが持ってる、「オカン」が、
きっと誰しもにあるから、泣けるんだと思う。

東京で男性のみを対象にして行った試写会で
会場から嗚咽がすごかったというこの作品は、
男性にとってのオカンというものの、持つ意味の深さを
示している気がします。
男性の方が感じるところが大きい作品ではないかと。
もちろん女性も感じるものは大きいけれど。

実は、この、「東京タワー」という作品は、
原作の本が発売される前からチェックしていた作品でした。
発売日を待って、早速買った本。

まだその頃は、みんなこの本を知らなかったので
周囲に「いいよ、いいよ」と
薦めまくりました。

あたりまえの人を、あたりまえに大事と思う、
その簡単なことが、
これほどまでに、人の心を締め付ける。

映画と原作ではやはり違うところもあるけれど、
それぞれ、いい。
個人的には原作が一番好きだけれど。

ひとの感じ方も人それぞれ。
感情的ではなく、淡々と描かれていくストーリーを
ぜひ観てみてほしいと思います。

この本を読んで、
お母さんに電話したい気分になってくれたら嬉しい、と
リリー・フランキーが言っていたけれど、
そのとおりになります。

あたりまえにいてくれる、母を、
もっとやさしいきもちでみつめるきっかけになります。
今は子供の目線でしかこの作品を見れないけれど、
いつか、リノも人の親になって、50歳くらいになった時、
この作品はまた違うものに映る気がします。
Posted by : リノ | - | 22:02 | comments(0) | -
バンコちゃんとカリスマ。
20070421_309942.jpg
コタの仕事上の関係もあり、
今治市にある某食品会社、といっても写真でバレてしまうので
いっかな。
日本食研さんのフェアに行ってきました。

TVCMでも有名なあの、「宮殿工場」が無料で一般公開されるのです。
何はともあれ、駆けつけて、
「宮殿宮殿、焼肉のったっれー♪」
の音楽を耳に残しつつ、圧巻の宮殿工場を見学。

リノは初めて知ったのだけれど、日本食研さんのあの牛は、
「バン子ちゃん」というらしい(笑)。
今治では常識なのだとか???

で、バンコちゃんと宮殿工場を写真に収めました。

フェアの途中、日本食研さんの社長さんに偶然お会いして、
しばらくお話をしましたが、
コタリノの結婚式でお会いしたきりだというのに、
しっかり、リノのことも憶えていらして、
「東京から来たんですよね?ご出身は静岡でしたよね」
と、リノのパーソナルデータがすらすらと出てくるのには驚き。
社長という立場上、あまたの人と毎日会っているに違いないのに。

上に立つ方というのは、そういう何気ない気遣いが
全ての根底にあるんだろうなあと感服しました。
圧倒的なカリスマ性も、細やかさと同居してこそ
発揮されるものなのかもしれないなぁ。
Posted by : リノ | - | 01:43 | comments(0) | -
HAPPY BIRTHDAY♪
20070421_309941.jpg
リノ、2X歳の誕生日です。

突然、コタ母が手作りのベイクドチーズケーキを
ワンホール、くれました。

そして、コタと一緒にイタリアンへ。
コタはサプライズで
リノの名前入りのデザートをお店に頼んで用意してくれてて、
その時に、リノにバースデーカードを渡そうと目論んでたそうです。
でも、思惑と裏腹に、お店のスタッフがずっと側について
お祝いしてくれていた為、タイミングを逃して
帰りの車で、おずおずとカードを差し出すコタ(笑)。
「こり、どうぞ。。。」
しょぼーんとしてたのが、かわいくて笑ってしまいました。
どうしても、タイミングよく渡したかったんだそうです。

こんなにも毎日忙しいのに、毎回色んなカードを買ってきては
ぎっしり手紙を書いてくれる、
それだけで妻は嬉しいのよ☆

ますます、三十路への道まっしぐら。
いやいや言いつつ、実はそんなイヤでもナイ。
騒いでみたいだけ。

とはいえ、まだ20代なので、30歳と言う歳に対して
今は距離感があるのかも。

20代だからできることもあるだろうけど、
何歳になっても、できることはできるんです、多分。
きっと、何歳になっても、できないことはできないかと。

きっとそれぞれの人の性格や、心持ちひとつ。
体力勝負意外は。

素敵な女性になりたいものです。


写真: 問題のバースデーカード(笑)。 
    綺麗な色のビーズとスパンコールで刺繍があります。
    とてもかわいいカード。
Posted by : リノ | - | 01:26 | comments(0) | -
結婚記念日。
20070412_307424.jpg
結婚記念日です。

コタと結婚して1年が経ちました。
はやっ!!!

コタはいつもより会社を早く上がって、
一緒に松山のタイ料理屋さんへGO。

コタリノは、タイ料理、アジア料理が大好き。
東京にいる時は2人でしょっちゅう行ってたし、
行きつけもいっぱいあった。

高円寺のバーン・イサーンは最高!
グローバルダイニング系列の
MONSOON CAFEは代官山にも渋谷にも
あるし、新宿伊勢丹会館のチャンパーもいい。

しかし!
今治には、、、タイ料理屋さんがない。
きっと、タイ料理のメインターゲットである若い人が
あまり多くないから、受け入れられにくく商売にならないんだろう。

でも、それはさびしい限り。
自分でも、グリーンカレーや生春巻きは作れるのだけれど、
やっぱ、外で食べるタイ料理は格別だもの。

だから、コタのこの配慮は嬉しい限り。
そのレストランはなかなか寛げる造りで、
美味しいお料理と会話。

お互いあらかじめ、何も言ってなかったけれど、
お互いに手紙を書いてきていた。
ふたりで
「気が合うねぇ」
と言いながら、手紙を読んでしみじみ。

出会ってから、この手紙で何通目になるだろう。
コタからの手紙だけを入れたファイルがあるけれど、
厚みが5センチ以上あるファイルがぱんぱんになってるので、
結構あると思う。
数えるのが面倒なほど、今までのコタの手紙がある。
歴史がありますなぁ。。。

出逢ってから、11年目。
11年前に恋人だったふたりが、紆余曲折を経て、
10年後に結婚、11年目を迎えました。
縁って、、、ふしぎ。

これからも、歴史を積み重ねていくのだなぁ。


写真: デザートのマンゴーアイスとココナッツぜんざい。
    おいしかった〜。
Posted by : リノ | - | 20:42 | comments(0) | -
夜桜花見
20070412_307412.jpg
コタと会社の皆様と、コタの会社のお客さんたちと、
「超穴場」で、夜桜BBQとしゃれこみました。
会社の行事や飲み会には、リノの意思は関係なく
強制参加となっているそうです(笑)。
リノも楽しいので嬉しいし、ありがたいことです☆

さて、お花見の桜のある場所、本当に穴場、だーれもいません。
モーターを持ち込んで、ライティングも完璧。
お肉も野菜もお菓子もお酒も。

少し肌寒いけれど、それもまたをかし。
会社の来れなかった人に電話をして、
みんなでまわしたり、楽しい夜でした。

おひらきした後は、いつものとおり、
チェロキーに乗るだけ人を乗せたら、
「りのちんタクシー」
の運行開始。

社員さんを次々お家に送り届け、
素敵な夜は閉じたのでした。

すごい穴場なので、来年は昼間にコタと
来てみたいと思います。

写真、撮り忘れたので記憶の記録、以上。
写真は、最近リノに流行ってる(笑)塩キャラメル。うま。
Posted by : リノ | - | 20:23 | comments(0) | -
Design of Doujunkai
20070326_301092.jpg
欲しかった本がやっと届きましたー!!!

『 Design of Doujunkai 』

今は失き、かの有名な建築、同潤会アパートメントの写真集です。
デザインもとてもセンスよく作られた写真集で、
東京にいる時から、同潤会アパートの大ファンだったリノにとって
宝物のような1冊です。

何かと面倒見てくれる、北条の家具工房兼カフェのオーナー、
Mさんに教えてもらった1冊です。
ちなみにMさんの工房は同潤会アパートをモチーフにしているらしい。
工房は白塗りなので同潤会とは雰囲気が違うので
全く気付かなかったけれど、
よく見るとディティールが同潤会アパートだ!
手すりとか、建物のハコとか。

Mさんは同潤会が好きらしく
「カッコええ」
と連発してたけれど、全く同感。カッコいいのだよなぁ、最高に。
同潤会フリークがここにもいました。うれしかったな。

表参道の同潤会アパートは数年前に壊されてしまいましたね。
最後の同潤会がなくなると聞いて、
リノは写真を撮りに行った憶えがあります。

青山でお買い物をする時にはいつも心安らぐ場所だった
表参道の同潤会。
歴史ある建物ゆえ老朽化し、建築法に触れるとか、
そういう理由だったはずだけれど、
移築してでも、ああいう建築は遺すべきだと思った人は
少なくないはず。
どうして、時代を感じる建物が、日本はどんどん壊されていくのかな。

同潤会アパート跡地には、いまをときめく建築家 安藤忠雄 設計の
表参道ヒルズが建って、それはそれで素敵だと思う。
でも、あの歴史と時間が堆積して作られた遊び場のような、
あの空気感はもう二度と戻らない。

大好きだったな。
同潤会アパート。
Posted by : リノ | - | 17:15 | comments(0) | -
家族WEEK
20070405_304870.jpg
今週はコタの両親、兄弟、親戚たちといっぱい時間を過ごしました。

◆月曜日⇒コタ妹、帰省の為、コタ両親たちと焼肉♪
たらふく食べた後は、リノの運転で帰宅、5人でコーヒーブレイク。

◆火曜日⇒おばあちゃんのところへ行くコタ母と妹におみやげ渡しに
実家に行く。久々のコタ妹といろいろ話す。
本当にかわいい。歳が7つも下なのでかわいい。

◆水曜日⇒コタ母と、妹と松山のお墓参りと
ケーキバイキングと、おばあちゃんのところへ寄って、
夕飯時に帰宅し、
オトコども(※コタ父、コタ)を拾ってイタリアンへ、
という楽しい1日でした。

ケーキバイキングではそれぞれ頼んだケーキに
どんどんフォークを伸ばしてお互いのケーキもくまなく制覇(笑)。
飲み物まで交換して、
しあわせしあわせ。


◆土曜日⇒コタ妹を空港に送ってから一路岡山へ。
リノ、人生初の高速道路デビューを
コタ両親のレクサスで華々しく飾る(笑)。
コタ父は後部座席でシートベルト完全装備、
コタ母は気絶(笑)。

岡山に無事着き、おじいちゃんたちと親戚とランチ。
後楽園で抹茶飲んだりキビ団子食べたり。
親戚の小学生Yちゃんに気にいられているリノは(笑)、
タックルを受けたり、おんぶをねだられたり、
満身創痍でYちゃんと遊ぶ。
コタは上手にかわして逃げている(笑)。

今日は親戚17人大集合。
横浜からもみんなやってくる。
リノはみんなととても仲良しで、みんないい人たちばかりで
恵まれているなぁと感謝。

横浜のT君のところに来るお嫁さんが初お目見え。
緊張して挨拶していた。
これは、ちょうど1年前のリノの姿だ。
1年経てば、今のリノみたいに、楽しく過ごせるだろうな。

今日は実はリノ提案で、こっそりコタの双子の弟、
伸ちゃんを東京から呼んでるのだ!
色んな場面でコタ両親やおじいちゃんから
「伸ちゃんに会いたいね、何してるかな」
と言う発言が見られる中、ほくそえむコタリノ。

コタ両親たちが喜ぶ顔が見たい!
それに久々に伸ちゃんにも会いたいし。
サプライズは大成功。
コタ両親大喜び。

夜は総勢17名でコタが小さい頃から通ってたお店で焼肉。
美味しいし、楽しいし、コタ母は皆に、
「実の息子より最近は、リノちゃんがかわいくて仕方ない」
何度も言うコタ母。リノもコタ母大好きです。

そんなこんなの1週間、しやわせしやわせ♪


写真: 日本3大名園のひとつ、岡山の後楽園。
Posted by : リノ | - | 19:55 | comments(0) | -
TOP